ご挨拶

「命」を大切にする
約170,000羽の鶏を飼うということ

私たちの目指すところは、従来のように個々の農家が生産した卵をただ農協に出荷する方式から、共同の育雛場を基礎とし、鶏種の選定、生産のローテーションの設定、指定配合飼料の選定に至るまで統一して、安全、良質で新鮮な鶏卵を定時定量生産し、それを自分達のパッキングセンターで製品化し、自らの責任で消費者まで供給することです。 私たちは首都圏の生協をはじめ、地元スーパー、飲食店に広く販売をしています。鶏卵生産メーカーではありますが、“もの”を売るのではなく、“こと”を提案することを心がけ地域に必要な会社となるべく努力しています。

ご挨拶

経営理念

01

たまご

私たちは、鶏卵生産者として、日本の
食生活に果たす大切さを認識し、高品
質で安全性を追及した生産を行い、食
卓に安心できる「美味しさ」と
「健康」をお届けします。

02

自然-

私たちは、千産千消に取り組み、人と
人との繋がりを大切にし、協力し合
い、 地域社会の環境保全・食文化・
食育に貢献できる人間集団を目指します。

03

人

私たちは、人間として能力・可能性を
高めるため、コミュニケーションを実
現の場とし、 共に成長し続けます。

会社概要

logo

柔らかなラインが笑顔にもみえるロゴマーク。
これは菜の花エッグが目指す企業像を表しております。
人の愛情を十分に受け、丁寧に育った鶏の卵で世の中に笑顔と幸せを運びたい。
そんな思いをこめて菜の花エッグは商品づくりに取り組んでおります。

会社名
株式会社菜の花エッグ
事業内容
採卵養鶏業鶏卵の生産、鶏卵の加工販売、
液卵の加工販売、飼料の販売
所在地
〒292-0501 千葉県君津市山滝野1121 / 9:00 ~ 17:00まで
電話番号
0439-29-2880
FAX番号
0439-29-2780
創業
昭和39年9月
設立
平成3年4月1日
資本金
2,000万円
従業員
32名(平成28年3月現在)
売上高
13億9500万円(平成28年3月期)
主要株主
農事組合法人千葉育成センター
(有)西野
(有)鳥海ファーム
関連会社
農事組合法人千葉育成センター
有限責任事業組合菜の花フーズ
施設概要
洗卵選別機(SKY-330)
ファームパッカー(FP-300)
ひび卵検出装置(CEX-01)
汚卵検出装置(DEE-380)
異常卵検出装置(AEDーX2)
卵殻紫外線殺菌装置
高速割卵機(QK-120)
冷蔵車8t車1台/2t車1台

沿革

1964年 9月
西野養鶏場を創業
1988年 1月
菜の花エッググループ結成
1988年 3月
農事組合法人千葉育成センターによる育雛農場建設
1991年 4月
株式会社菜の花エッグ設立
2007年10月
有限責任事業組合菜の花フーズ設立(共販会社)